老人ホームとグループホームとの違いとは何か

老人ホームのイロハ

グループホームとの違い

手

グループホームとは

グループホームとは、認知症を患った方が入所する施設です。この施設では、認知症になってしまったことによって自力で生活をすることができない介護が必要な高齢者が、約5~9人で共同生活をしています。

専門スタッフ

グループホームで働くスタッフは、主に看護師やケアマネージャー、介護職員です。数名の専門スタッフで、認知症の方の生活をサポートしながら、利用者同士が互いに協力しあって生活できるような体制を作ります。そうすることで、治ることはない認知症ですが、頭を働かせることによって少しでも進行を遅らせるようにしているのです。

グループホームの特徴

グループホームは、まさに認知症に特化した施設だといえます。認知症の症状は年齢や性別によってさまざまで、医療関係者でも対応が難しいとされています。しかし、ここで働くスタッフの多くは認知症介護・看護の経験が豊富な方ばかりが揃っているため、安心して家族を任せることができるでしょう。

認知症に強い老人ホーム

天王寺にある老人ホームの中には認知症利用者を得意とするところもあります。グループホームとは違って少人数制ではありませんが、入居している人に対して老人ホームの設備の豊富さを活かしたかかわり方をすることが可能です。そういったところだと、家族も安心ですよね。

老人ホームとの大きな違い

このようにグループホームが認知症の利用者を対象とするのに対し、老人ホームでは利用者の病状に合わせて対応します。どちらにもそれぞれ良いところがあるので、体験入所などを活用して自分に合っている施設を選びましょう。

それぞれのメリット

老人ホームとグループホームの大きな違いは認知症を食い止めることを目的としているかどうかと、施設規模にあります。それぞれに得意とする分野と強みがあるので、気になる場合は一度両方の資料を請求してみるのもいいでしょう。

広告募集中